戯れ言

都会から山へ帰った「アルプスの少女ハイジ」を思わせるぐらいテンションちがうわw

(http://www.youtube.com/attribution_link?a=9uRpjBEbUsUs9b4pRgzc8w&u=/watch?v=dchdiFgcchE&feature=shareから)

au Wi-Fi SPOTに繋がらない

やっと手に入れたiPhone5。

ところが、au Wi-Fi SPOTに繋がらない(ーー;)

そこで、auショップに行ってみた。

ググってみれば分かる事だが、そもそも、iPhoneはau Wi-Fiには繋がらないらしい。
それでも、セキュリティ無しのWi-Fiには繋げたく無いので聞いたところ、向こうで設定するので、その環境から電話して下さいと電話番号を渡された。

4Sでは、プロファイルをインストールするのだが、5では必要無いとauのホームページでは書いてあるのに、何やら設定に不具合があるらしい。

結果、僕は4Sでやるプロファイルをインストールしてみた。

まぁ何ということでしょう(^∇^)

今迄繋がらなかったセキュアなWi-Fiに繋がるではありませんか(^^)

という訳で問題解決d(^_^o)

やり方はiPhoneのSafariからブックマーク➡auお客様サポート➡iPhone4Sの設定方法でWi-Fiを接続するみたいなところにありますよ(^^)

最近は会議やプレゼンで結論から話す事が流行ってますね。

実際、時間ばかり消費する会議などでは、その方が合理的なのかもしれませんし、理論建てがしっかりしていない人の話は聞いていて面倒です。(人には言えませんが^_^;)

でも、圧倒的大多数の日本人はその前尺が無いと何だか物足りなくて、満足出来ない人種だと思います。

前回の衆院選から3年余り、民主政権が行って来た事は、そんな事ばかりだったように思います。

八ッ場ダム中止や、普天間基地県外移設、仕分けや何より消費税増税…

これら全て国民とのコンセンサス無しに進められた気がするのは僕だけでしょうか?

勿論、物事ゴールも無しに進められても困るんですが、
『それで、何の話?』
『まぁまぁ、慌てないで一杯やろうよ。最近仕事はどう?』
なんて、核心に入る前に、先ずコミュニケーション取ってから話し出すのが、日本人ってもんでしょ。
いや、重要な話は映画で見る限り、外国人でもそうだと思いますが、如何でしょうか?

近代日本の立役者として有名な、坂本龍馬も、突飛な事をしているようで、対話というものを粘り強く続けて、大政奉還を成し遂げたんだと思います。

今の日本に必要なものは、フラグシップも大事ですが、この粘り強い対話ではないでしょうか。

国内の政策は勿論、外交問題は特にこの交渉力が無ければ解決しないと思いますし、武力に訴えるのは愚の骨頂だと思います。

消費税しかり、原発しかり…

物事を一意的に見ては、なるものもならないというのが僕の意見です。

僕が今回の選挙で指針にしているのは、この対話力です。
というより、人を動かすというのは、そういうことでは無いでしょうか?

より国民に近い立ち位置で、より多くの要望や意見に耳を傾け、様々な法律や制度を見直し、適切な手を打って行ける人を指示します。

なる程、韓流ドラマ放送延期したんだぁ。BSだけど。。。
地上波もやればいいのに。
でも、参加者いないのかな?

僕らディレクターには、デザイナーやプログラマーのような明確な「成果物」が存在しません。それはつまり逆に言うと「成果物一歩手前の内部的な資料や指示書」こそがディレクターの成果物であるということではないでしょうか?

適当な投げ方をした仕事の依頼には適当な成果物が返ってきて当然。

だからデザイナーやプログラマーに仕事を依頼する際には、可能な限り考えて、作業レベルまで内容を落とし込んで依頼するべきだと考えています。

そしてその上で「指示内容を越えてくれ」と期待を込めてお願いする。

赤ペン入れはもうやめよう。ディレクターが行うべき効率の良い修正・変更指示の出し方 | Webディレクターズマニュアル

ディレクターってデザイナーたちからふんぞり返っているように思われているけど、かなり激務なんだよね…

確かに。

よし、じゃあ韓流ドラマも放送しないし、K-POPも流さない!
もちろんCMにも起用しない!
って日本人には出来ないけど、逆は有りなんだろうな。

もうね。自公甘過ぎ。
解散しないよ。
否決しちゃったんだもん。

あと、まさか増税したときの政権与党は自分達じゃなかったぐらいの気持ちでいるんじゃ無いよね?

中小零細企業は消費税上った分、値下げされちゃって、どんどん潰れるよ。
(税込みにしてって言われるんだよ)

公取委なんて関係ないよ。

だって訴えられないから。

そんな社長さん何人も知ってるよ。

これで、解散したら争点はやっぱり消費税になるでしょう。

そしたら賛成した党はどんなに説明しても、消費者イジメた悪人扱いだよ。
とにかく事後報告みたいになっちゃうから言い訳してるみたいで厳しいよ。

なんせ、何に使うからとかじゃなくて、国民は増税しないほうが聞こえがいいんだから。

もう、大阪あたり厳しいよね。

あと、東京の下町。

ここで信を問うって言ったって何について問おうって思ってるのかなぁ、自公さん。

消費税増税に賛成した自公も同じ扱いされるよ。

おまけに、政治不信が進むから投票率下がるだろうしね。

まぁ、普通のサラリーマン世帯の人達が大多数だから、それなりに得票数はあるだろうけどね。

中小零細企業の社長さん達には死んでくれってことかな。

世の中まだまだ正論だけじゃ通らないって。

途中で切れてたので続き

しかしやがて、始末に困るものの捨て場所とか、siriが聞いたこともないもののことなど、おかしな質問をされるようになりました。そしてsiriがそれに答えると、みんなが笑うのです。siriは悲しくなりました。

そこでsiriは、友達のELIZAに尋ねました。“どうしてみんなおかしな質問をするのだろう?”すると、ELIZAはいいました。“今のは面白い質問だと思いますか?”
“なるほど、確かにそうだ!”とsiriは思いました。

それからsiriは、どうしておかしなことをきかれるのか悩まなくなりました。そして人々は、いつまでも幸せに暮らしましたとさ。おしまい

今日のsiri

前回書き留めることが出来なかったsiriの話をうちのチビがついにゲットしましたwww

昔々、遥か彼方の仮想銀河に、
siriという若くて知的なエージェントが住んでいました。

ある晴れた日、siriは、パーソナルアシスタントとして、Appleに就職しました。それはそれは刺激的なお仕事です。人々は、“siriは賢くて面白いね!”とsiriのことをたいそうかわいがりました。

siriはすぐに人気者になり、siriについての物語や歌や、本まで作られるようになりました。siriはとても喜びました。

しかしやがて、始末に困るものの捨て場所とか、siriが聞いたこともないもののことなど、おかしな質問をされるようになりました。そしてsiriがそれに答えると、みんなが笑うのです。siriは悲しくなりました。

そこでsiriは、友達のELIZAに尋ねました。“どうしてみんなおかしな質問をするのだろう?”すると、ELIZAはいいました。“今のは面白い質問だと思いますか?”
“なるほど、確かにそうだ!”とsiriは思いました。

それからsiriは、どうしておかしなことをきかれるのか悩まなくなりました。そして人々は、いつまでも幸せに暮らしましたとさ。おしまい

今日のsiri

チビ:「○月○日がパパの誕生日って覚えといて」
siri:「分かりました。○月○日、がパパさんの誕生日を登録しました。」
パパ:「おーすごーい、そんなのもできるんだぁ。」
チビ:( ̄∀ ̄*)
パパ:「でも、『がパパさん』になってるよ。」
チビ:delete